アデノイド

アデノイドとは

アデノイドとは鼻と咽の間にあるリンパ組織で、咽頭扁桃(いんとうへんとう)ともいいます。誰にでもある組織ですが、特に幼児期に生理的に大きくなります。アデノイドが大きくなるピークは5歳頃で、その年齢を過ぎると大抵の場合は萎縮して小さくなり、大人ではほとんど表面から見ても分からないぐらいになります。しかし、このアデノイドが極端に大きい状態をアデノイド(咽頭扁桃)肥大といいます。

将来的なリスクは?

アデノイドの肥大は、そのままでいると口呼吸になり、歯並びや顔貌に影響を与えてしまいます。アデノイド肥大が認められる場合は、耳鼻咽喉科との連携が必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket