こどもの矯正治療

こどもの歯並びチェックリスト

以下に1つでも当てはまるお子さまは、一度、矯正専門医に診てもらうことをおすすめします。

  • 学校の歯科検診で指摘を受けた。
  • 指しゃぶりや爪かみ、唇を噛む癖がある。
  • 前歯が反対に噛んでいる。
  • 前歯が出ている。
  • 大人の歯がなかなか生えてこない。
  • 強くぶつけたり転んだりして歯が抜けてしまったことがある。
  • なんとなく顔が曲がっている気がする。
  • 口が開いていて、口で息をしている。
  • でこぼこの歯がある。
  • 発音、話し方が気になる。
  • 両親や兄弟の歯並びが悪い。

不正咬合の原因

歯並びまたはアゴが形態と発育と機能に異常をきたし、正常な咬合機能でない状態のことを言います。例えば、出っ歯は不正咬合の種類の1つです。

原因1 遺伝によるもの

歯の大きさ、本数、アゴの大きさは遺伝によって決まります。

原因2 食べ方によるもの

近年、アゴは小さくなりつつあります。主な原因は、やわらかいものばかりを食べるような食生活です。アゴが小さくなれば、歯並びはデコボコになりやすくなります。

原因3 癖によるもの

爪を噛む癖、飲食時などに舌を前に出す癖があると、前歯がかみ合わなくなることがあります。

原因4 乳歯の虫歯によるもの

むし歯により歯を喪失してしまうと、永久歯への正常な生え変わりが行われません。むし歯に歯の喪失で歯並びがデコボコになることがあります。

原因5 病気によるもの

幼児期に罹った大きな病気や、お薬の影響によって、歯の一部に形成不全が起こることがあります。

原因6 口呼吸によるもの

鼻呼吸ができず、口呼吸をしていると、顔面の成長にも悪影響を及ぼします。

こどもの矯正治療とは

こどもの矯正治療とは、乳歯と永久歯が混じって生えている時期に、成長に合わせて噛み合わせやあごの形、大きさを整え、永久歯がきちんと生えそろうように誘導してあげる治療です。

この治療期間では、舌のクセを改善するトレーニングをおこなったり、歯列を広げる装置など、あらかじめ土台となるあごの位置や歯列の環境をととのえておきます。

治療目的が達成できたら、いったん治療をお休みし、永久歯が生えそろうまで定期的な経過観察をつづけます。必要な場合は永久歯が生えそろったのちに大人の矯正治療をおこないます。

こどもの矯正治療の必要性

成長を利用した矯正治療が可能

「大人になってから矯正治療をする場合」と「子供の頃から矯正治療を行う場合」を比較したとき、成長を利用した矯正治療を行うことができるのがメリットになります。成長を利用した矯正治療を行えれば、歯を抜かずに歯並びを整えることができたり、矯正後の仕上がりが良くなったりします。

永久歯を抜かずに矯正できる確率が高くなる

歯並びが重度のデコボコの方や出っ歯の方は、歯を抜かないと歯並びを整えることができないことが多いです。しかし、子供の頃より矯正治療を行えれば、歯を抜かずに歯並びを整えることができる可能性が高くなります。

コンプレックスを取りのぞき、すこやかな心身の発育をうながします

矯正治療を行うお子さまの中には、歯並びが悪いことでコンプレックスを持っているお子さまも少なくありません。小さなお子さまの悩みを少しでも私達はサポートしていきたいと思っています。

大人の矯正治療を回避できる可能性がある

大人の矯正治療は、こどもの矯正治療に比べると治療中の痛みや歯磨き・衛生管理などストレスの多い治療です。子供の頃から矯正治療をすることで大人の矯正治療を回避できる可能性が上がります。

こどもの矯正治療で使用する装置

皆さまが一般的にイメージする矯正治療の装置は、歯に金属のブラケットを装着する装置をイメージする方が多いですが、こどもの矯正治療では以下のような装置を使用します。


バイプレート


リンガルアーチ


クワッドヘリックス(固定式拡大装置)


拡大床

こどもの矯正治療と大人の矯正治療の違い

乳歯と永久歯が混在する混合歯列期(7~10歳ころ)に行うのが、こどもの矯正治療です。(*Ⅰ期治療と呼ばれることもあります)一方、すべての歯が永久歯に生え変わってから行う矯正治療が大人の矯正治療です。

こどもの矯正治療では、アゴや歯列の発育をコントロールすることで歯並びを整えます。

こどもの矯正治療では写真のような装置を使用します。

大人の矯正治療では、ブラケットという装置を1本1本の歯に装着して歯並びを整えます。

大人の矯正治療では写真のような装置を使用します。

こどもの矯正治療の治療期間

個人差がありますが、歯を動かす期間は、2~3年です。最短1年です。

こどもの矯正治療に要する期間は、歯並びの状態によって違いますが、例えば7歳から開始した場合は、全ての永久歯が交換する12歳頃までとなります。こどもの矯正治療の目的を達成した場合は装置を外し永久歯が生えるまで経過観察を行います。

経過観察は取り外しのできる装置を使用し、全ての永久歯が生えるまで2〜3ヶ月に一度の通院となります。

こどもの矯正治療の治療開始時期

目安は7歳です。理由は、永久歯が生え始める時期だからです。但し、受け口の場合は5歳からスタートすることもあります。お子さまの歯並びに気になりましたら、まずは一度専門医を受診し、お子さまに状態にとって最適な治療開始時期について確認することをおススメします。

以下に当てはまる場合は、無料カウンセリングをご利用下さい

  • 歯科検診やかかりつけの歯科医院で歯並びの指摘を受けたことがある
  • 先天性の欠如歯がある
  • 歯がなかなか生えてこない
  • 出っ歯や受け口のお子さま

上記以外のお子さまでも、少しでもお子さまの歯並びが気になったら矯正医に相談をしましょう。
お気軽に無料カウンセリングをご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket