当院におけるマウスピース矯正について

当院におけるマウスピース矯正について

マウスピース矯正?最近、よく聞く言葉かもしれません。透明なマウスピース(アライナー)を使用して歯を動かす矯正治療のことを言います。日本ではなぜかマウスピース矯正と呼ばれていますが・・・実はマウスピース矯正治療でなはく、アライナー矯正治療(Aligner Orthodontics)というのが正しい呼び方です。日本以外の国々ではそのように呼ばれていますのでご注意を・・・そのアライナー(マウスピースではないです・・・)は透明なクリアタイプの医療用樹脂で作られています。その始まりは諸説ありますので省略します。

そのアライナー矯正治療を初めてデジタル化して世界に広めたのがアメリカのAlign Technology Inc.で、彼らが提供しているアライナー矯正治療を”インビザライン”と言います。インビザラインにより現在800万人近い患者さんが矯正治療を終えたと言われています。それだけの矯正治療に関する膨大なデータを持っていて、そのビックデータを基に効率的に歯並びを治すためのアルゴリズムを作製していると言われています。また、アライナー(マウスピース)の素材に関しては、スマートトラックと呼ばれる固さ、粘りなど、歯を動かすために最適化されたものを使用しています。日本製のアライナー矯正治療もありますが、アライナーの素材、そのデータ量はまだ追いつけていないのが現状と考えています。それらが数種類あるアライナー矯正治療のシステムの中で当院においてインビザラインを患者様に提供している大きな理由です。しかし、常に技術は進歩しています。私たちは治療技術の更新を行いながら患者様に新しい矯正治療を提案していきます。また常にその準備を行っております。そのあたりは次回のお話で・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket