当院の感染と予防対策

現在、新型コロナウイルス感染者(COVID-19)の拡大が報告されております。

その為、当院では患者様に安心して診療を受けていただくため、感染予防対策や遠隔オンライン相談・診療の対応など5月8日からの通常診療再開に向け対策を練っておりました。診療予約を変更して頂いた患者様におきましてはご協力をいただきありがとうございます。早く治療を進めたいお気持ちを我慢して頂いた方もいらっしゃると思います。しかし、すべての患者様が予約の変更・延期に同意して頂けました。これも素晴らしい患者様に恵まれているからであるとスタッフ一同、大変感謝しております。今後も患者様の心に寄り添い診療を続けていけるように以下の対策を施行してまいりますので、ご協力をお願い致します。

当院での新型コロナウイルス対策

~来院時において~

  1. 待合室、診療室における混雑を回避する為、付き添いの方は原則1名とさせて頂きます。
  2. 来院時には非接触型体温計によりスクリーニングを行っています。体温が37.0度を超える方や咳症状など体調不良があると認められる方は3週間後以降にご予約を変更して頂いております。
  3. 体調に不安がある、来院に不安を感じる要因がある場合は、ご予約をキャンセルし来院時期を延期して頂いても構いません。それによる治療期間の延長はありますが、患者さんの健康を最優先事項と考えております。

現在、緊急事態宣言は5月6日までとされていますが期間が延長された場合、治療内容によっては、再度のご予約の取り直しをさせていただく場合があります。

その際は、当医院よりお電話やメール等でご連絡いたしますので、何卒ご理解頂けたら幸いです。

~感染予防および滅菌消毒について~

  1. 診療台、キャビネットの消毒は患者さん毎にウイルスに効果的である次亜塩素酸水やアルコールで消毒、除菌しています。また、次亜塩素酸水の噴霧器を導入しており待合室と診療室におきましても、くまなく噴霧して空間除菌をおこなっています。
  2. 治療前にうがい薬による口腔内の消毒。
  3. 歯科用タービン、コントラハンドピースは患者さん毎に交換・滅菌しております。
  4. 器具は、診療が終わる毎に、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)等を用い滅菌処理を行い、診療開始時に滅菌パックから開封しています。
  5. 診療時に使用する手袋(グローブ)は、患者さん毎に新しいものを使用しています。また、診療にあたる歯科医師およびスタッフが、フェイスガード、ゴーグルや防護服などのPPEを装着しています。できるだけお子様や患者様が怖がらないよう、お声がけをさせていただく場合もございます・・・。
  6. エアロゾル感染予防の観点から、現在、これまで行っていた衛生士によるポリッシング(器具を使用したクリーニング)や超音波スケーラーによるスケーリングは行っておりません。現在は歯ブラシ指導に変更させて頂いております。
  7. 待合室の雑誌、キッズルームのおもちゃやガチャガチャの撤去。また、ケヤッキーのコインチャレンジの抽選に関しては一時的に中止しております。落ち着き次第、再開します!
  8. 現在、院内は換気を徹底する為、自動ドア、窓は大きく開放されております。密な状態をさけるため待合室の椅子間隔を開けて配置し、待合室の外にも椅子を置いていますのでご利用ください。スタッフより社会的距離をとってもらうように指示をさせていただく場合もございます。温度調整には気をつけておりますが・・・寒さや暑さを感じたり、季節柄、花粉が入り花粉症の方々には大変申し訳ありませんが、ご不便をおかけする事もありますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket