新型コロナウイルスに関する対応について

新型コロナウイルス対策と今後について

2020年4月1日

当院では、緊急事態宣言がなされ知事や政府から指示があるまでは、診療を行う予定です。

当院ではスタンダードプリコーションの考えのもと、可能な限り完全な予防対策、滅菌消毒を行なっております。

しかし、矯正治療は強い痛みがある、装置が外れてしまった場合などを除いて、緊急を要するものではありません。ご存知の通り、歯科医療は患者様との距離が近く感染リスクが非常に高いとされています。来院される患者様やドクター、スタッフも仕事をして、生活をしておりワクチンがない現在では、すべてのリスクをなくすことはできません。

体調に不安がある、来院に不安を感じる要因がある場合は、ご予約をキャンセルし来院時期を延期して頂いて問題ありません。それによる治療期間の延長はありますが、患者様の健康が最優先事項と考えます。

また待合室、診療室における混雑を回避するため、経過観察でのご予約の方は、予約の取り直しをさせて頂く場合がありますそのため当院より患者様にお電話などでご連絡いたしますので、その際は何卒ご理解を頂けたら幸いです。

また、来院される患者様におきましては、以下のお約束をお願い致します。

1. 風邪症状や37.5度以上の熱、もしくは咳の症状がある方は、来院を控えてください。ご家族に上記の症状がある場合も、ご本人が元気でも来院しないでください。

スタッフ、ドクターにおいても、本人もしくは家族に疑われる症状があり、理由がハッキリしない場合は勤務しないよう厳しく制限をしております。
そのため、診療を行うスタッフの確保ができず、予約時間からお待たせする場合がある可能性もございます。

2. 海外からお戻りの際は、その地域に問わず、2週間後以降の来院をお願い致します。

また当院では今後、ZOOMなどのウェブ会議システムを使用して、精密検査の結果、診断、治療方針説明をさせて頂くことも考えております。
ご希望の場合は、お知らせください。

新型コロナウィルスにおける当院緊急時の対策について

2020年3月30日

現在、関東近郊におきまして多数の新型コロナウィルス感染者が報告されております。

そのため、当院ではスタンダードプリコーションの考えに沿って、可能な限りの完全な予防対策を行っております。しかし、ご存知の通り歯科医師を含む私たち医療従事者は最もリスクが高いとされています。

当院の歯科医師、スタッフに感染者が出た場合、2〜3週間の健康観察が行われ暫くの休院が余儀なくされる可能性があります。

そのような緊急の事態にて当院が休院になった場合、当院の患者様の急患対応を行って頂けるよう、都内近郊の矯正歯科医院と相互協力することとなりました。

これも、患者様に安心して通院して頂くための対策だとご理解いただけますよう宜しくお願い致します。

※あくまで通常の処置ではなく、矯正装置が外れた、強い痛みがあるなどの急患対応となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket